授乳中は、どうしても胸のサイズが出産前よりも大きくなりますし、胸が張ったりしぼんだりでサイズの変化が多いです。

 

 

頻繁に授乳をする人であれば、それだけ授乳のしやすいブラを選びたいところですが、あまりにだらしなくしていると、いざ授乳を終えた時に胸が垂れてしまって、後で後悔するなんてこともありえます。

 

 

あと、最近流行っているナイトブラは、ノンワイヤーで楽なものが多いので、授乳中でも使えるのでは?と考えるママも多いはずですよね。

 

 

ここでは、シーン別におすすめする授乳ブラ、そしてナイトブラの扱い方を書いていきます。

 

 

授乳ブラの選び方!

授乳ブラで大事なのは、ある程度ゆるくなる、いわば伸縮性のあるものを選ぶことです。

 

 

胸が張った時に締め付けてしまうとそれだけ母乳の出が悪くなってしまいますし、胸の締め付けは胸を支えるクーパー靭帯を傷つける原因にもなります。
母乳をしっかり出すため、そしてママのスタイル維持のためにもバストへの負担が少ないブラを選びましょう!

 

 

授乳ブラには、フロントオープンタイプ、クロスオープンタイプ、ストラップオープンタイプ、ウィンドウオープンタイプの4種類があります。

 

 

それぞれの特徴を説明していきます。

 

 

1、フロントオープンタイプ

胸の乳首からその周辺にかける部分がぱっくり開くようになっているタイプのものです。

 

シャツのボタンを外すイメージで、めくれるようになっています。

 

 

2、クロスオープンタイプ

ボタンなどがなく、横にずらしやすい設計になっているタイプのものです。

 

 

3、ストラップオープンタイプ

上から下へ開閉できるようになっているタイプのものです。

 

ストラップにひっかけるようにカップ部分を外せるようになっています。

 

 

4、ウィンドウオープンタイプ

特徴としては、胸を支えたまま、前にめくることが出来るようになっています。

 

 

ナイトブラはどんな時に使える?

上で紹介した授乳用のブラは、いつどこでも授乳をしやすいように設計されたブラです。

 

 

なので、どちらかというと、授乳をしやすいことを一番に考えて作られています。
補正効果というか、バストをケアするといった用途ではないので、胸の垂れなどを気にするママにとっては物足りないかと思います。

 

 

日中お出かけする時は、上であげたタイプの授乳ブラを使い、座りながら授乳が出来る家ではナイトブラを使うと、胸の垂れを予防しながら、授乳もしやすい環境を作ることができます。

 

 

普通のワイヤー入りのブラとは違い、伸縮性のあるナイトブラなので、胸が圧迫されることも少ないです。

 

 

授乳用としても使えるナイトブラとしては、viageビューティアップナイトブラがおすすめです。

 

 

まとめ

授乳中のママは、自分のことにかまってられないくらい大変な時期です。

 

 

そんな中でも、ナイトブラを上手く併用していくことで、授乳後のバストが垂れないケアをすることができます。

 

 

是非試してみて下さい!

関連ページ

ナイトブラ口コミで人気なのはコレ!【売り切れ続出】
ナイトブラで口コミで人気なものはどれなんでしょう?売り切れも続出している超人気のナイトブラを紹介します!
ナイトブラで胸の形が良くなる?
ナイトブラで胸の形が良くなることはある?実際のところは・・・